てっぱんグランプリ 準優勝!

戦いが終わり、メンバー全員の顔に安堵と、やりきり、自信に満ちた表情が混在していたのが印象的でした。閉会式、表彰式のため、ステージ前に。もちろん、たぬきちも一緒です。

ステージには三次を代表して、三次商工会議所青年部の信國会長が登壇。この時点では、会長もそうだったでしょうが、メンバー全員、どこかで優勝を確信していました。


3位から発表。第3位は廿日市さん。残す所、2位と1位。きっと次はないだろう、けど呼ばないでほしい!いろんな想いがこみ上げる中、「第2位、準優勝は、、、三次!三次唐麺焼!!おめでとうございます!!」。。。。。。。。聞きたくなかったアナウンスが聞こえて、一瞬、体の力が抜け、ステージを見ると、やはり会長も茫然とした表情。しかし、結果は、準優勝。淡々とセレモニーが進む中、これまで自信に満ちあふれていたメンバーも意気消沈。第1位、優勝は広島さんでした。


優勝を目指し、これまで頑張って来たメンバー全員。

準優勝という名誉を成し遂げられたことは有難い事ですが、やはり悔しさの方が上回り、涙が溢れました。

しかし、最後の表彰式にわざわざ三次を見届けに来てくれた方々がたくさんいらっしゃいました。

さらには、2日間で約7,000食もの三次唐麺焼をご提供させていただき、多くの皆様が食べて、三次に投票してくれましたことは、順位より何よりも嬉しく、私達のすすめていることが間違いではないのだと、改めて感じさせていただきました。だからその分涙が流れました。

三次唐麺焼。準優勝でしたが、優勝物の健闘でした!多くの方々の記憶に残る戦いでした!負け惜しみ、自己満足と言われるかもしれませんが、1番のサービス、1番の元気、1番の美味しさが出せたと思っています。

これで終わった訳ではありません。これからまだまだ続くのが三次唐麺焼です。

だから、B級ではありません、永久に地域に根付く、愛されるグルメとしてこれからも頑張ります!!

引き続き応援、宜しくお願いします。

そして、どうぞ三次唐麺焼を召し上がってください。

最後に、てっぱんグランプリにご来場いただき、三次唐麺焼を食べていただき、投票いただいた皆様、本当にありがとうございました!